まめ速@マメマメチェック!!

移動途中や暇な時に見ていただける情報を提供したいと思います。
見やすいブログを作れるよう努力いたしますので
ぜへマメマメに見ていただけると嬉しいです♪

                     



    1 みつを ★ :2018/06/19(火) 22:49:01.55

    http://news.line.me/issue/oa-kyoto/9dbb8202db30?utm_source=Twitter&utm_medium=share&utm_campaign=none&share_id=OjN29405423728

    外国人客「緊急速報は日本語だけ」 京都旅行中の地震困惑
    06.19 16:33京都新聞

     18日の大阪北部地震で、京都府八幡市と久御山町で震度5強を記録した山城地域では、家屋や公共施設に被害があり、交通の混乱、学校休業を招くなど、幅広い分野で市民生活への影響が生じた。

     八幡市八幡の石清水八幡宮では石灯籠のうち43基が全半壊したり、頭部の擬宝珠(ぎぼし)が落下。同市八幡の松花堂庭園でも石灯籠が複数倒れた。

     宇治市宇治の平等院では土塀の瓦が落ちた。木津川市加茂町の海住山寺では、国宝の五重塔の相輪に付いていた風鐸が落下しているのが見つかった。同市山城町の神童寺では未指定文化財の役行者像の両手首が取れた。

     鉄道の混乱で、平等院の参拝者は少なく、普段は観光客らでにぎわう近くの宇治橋通も人影がまばら。「茶願寿カフェ」の店員は「いつもの1割にも満たないのでは。商売あがったりです」。

     観光で中国から来日、同店にいたアロン・エンさん(42)はこの日、京都市内から自転車で宇治市を訪れたという。「ホテルはすごく揺れた。日本語の緊急速報しか情報がなく、何が起こったか分からず困った」と話した。同店に中国語を話せる店員がおり、状況がつかめたという。

     近くの「伊藤久右衛門JR宇治駅前店・茶房」では到着できない店員もおり、開店時間を遅らせ、茶房は休業した。「中村藤吉平等院店」も休業した。同市五ケ庄の万福寺に立ち寄る京阪バスの定期観光バスは中止に。このほか、同寺では普茶料理の予約5件が全てキャンセルになった。

    ★1のたった時間
    2018/06/19(火) 20:41:57.19

    前スレ
    【大阪北部地震】外国人客「緊急速報は日本語だけ」京都旅行中の地震困惑
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529408517/


    【【今後対策が必要】外国人客「緊急速報は日本語だけ」京都旅行中の地震困惑】の続きを読む



    【【画像あり】大阪北部地震 新淀川大橋を渡る歩行者で大渋滞】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2018/06/18(月) 21:20:14.61


    (出典 news.tbs.co.jp)


    「どのようなチャンスも見逃すつもりはない」。18日、国会で拉致問題の解決に向けた決意を語った安倍総理。解決に向けた一環なのでしょうか、あの人物に対する評価にも、変化の兆しが見られました。

    「拉致問題を解決をするためには、どのようなチャンスも見逃すつもりはありません。解決するためのチャンスがあれば、それをなんとかつかみたい」(安倍首相)

    拉致問題の解決に意欲を示す安倍総理。これまでは、北朝鮮への圧力を前面に掲げてきましたが、18日は金正恩党委員長に対する評価に変化を感じさせる発言がありました。

    「金正恩党委員長には、米朝首脳会談を実践した指導力があります。日朝でも新たなスタートを切り、拉致問題について、互いの相互不信という殻を破って、一歩踏み出したい」(安倍首相)

    金正恩党委員長の指導力をこのように評価するとともに、「誰を拉致しているのか知っているのは北朝鮮だ」「知っている全てのことを話し、拉致被害者を一日も早く帰国させてほしい」と期待感を示しました。

    では、日本はどのような役割を果たすのでしょうか。

    「日本が主体的に動くことで、道が開けるんじゃないでしょうか」(共産党 辰巳孝太郎参院議員)

    「最後は私自身が金正恩党委員長と向き合い、日朝首脳会談を行わなければなりません。これを行う以上は、北朝鮮の核・ミサイル、そして何よりも重要な拉致問題の解決に資する会談としなければならない」(安倍首相)

    一方、国会内では、政府・与党の幹部が会合を開きました。国会の会期はあと2日。会期延長について、意見交換を行いました。

    「全法案成立に、与党の結束と協力をお願いしたい」(自民党 二階俊博幹事長)

    自民党など与党側は、カジノ整備法案などの確実な成立のため、1か月程度の会期延長も視野に最終調整に入っています。

    6月18日
    TBSニュース
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3399458.html


    【『朗報』安倍首相「金正恩党委員長には指導力がある」 評価に変化か】の続きを読む



    1 サーバル ★ :2018/06/18(月) 21:29:46.15

    今回の地震のあと、ツイッターなどのSNS上では、事実と異なるデマの情報が投稿され、拡散しているケースが確認されていて、大阪府は不確かな情報をむやみに拡散せず、冷静に行動するよう注意を呼びかけています。
    ツイッター上では大阪・西区にある「京セラドーム大阪の屋根に亀裂が入っている」とするデマの情報が投稿され、拡散しています。

    また、「京阪電車が脱線している」というデマも拡散しています。

    このほか、ツイッター上では大阪府の北部で「シマウマが脱走」しているという情報も広まっています。

    いずれもこのような事実はなく、大阪府は不確かな情報をむやみに拡散せず、冷静に行動するよう注意を呼びかけています。大阪府は今後、ホームページでも注意喚起を行う予定です。
    差別あおるような投稿も
    また、ツイッターなどSNS上では在日外国人などへの差別をあおるような投稿が複数見られる一方で、こうした投稿を非難する声も上がっています。

    具体的には「在日外国人の窃盗・強盗にはくれぐれも注意を」とか「外国人は地震に慣れていないから真っ先にコンビニ強盗を始めるか空港に殺到する」などと投稿されています。

    一方でこうした差別的な投稿を非難する声も相次いでいて、「大きな地震や災害が起きると差別主義者がデマを流すのでご注意を」とか「災害情報に対してデマを飛ばす人間は存在しますが、情報リテラシーを高めましょう」などと投稿されています。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180618/k10011483421000.html


    【【朗報】ネットのデマに気をつけてください!大阪府が呼びかけ】の続きを読む



    1 みつを ★ :2018/06/18(月) 23:38:01.40

    https://mainichi.jp/articles/20180619/k00/00m/040/104000c

    大阪震度6弱
    高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
    毎日新聞 2018年6月18日 21時14分(最終更新 6月18日 23時00分)

     「申し訳ない気持ちでいっぱいだ。原因を究明し、誠意を持った対応をしたい」。震度6弱を観測した地震で小学4年の女児が犠牲になった高槻市では、浜田剛史市長が18日夕に記者会見して謝罪した。夜には市教育委員会幹部が会見し、倒壊したブロック塀は建築基準法に適合しておらず、法令違反の状態だったことを明らかにした。

     市教委などによると、高さ2.2メートル以下という規格を超えており、建物の強度を確かめる構造計算をした記録がないという。

     倒壊したのは、寿栄小学校北側のプールの外壁で高さは3.5メートルだった。塀の基礎部分(1.9メートル)の上に、コンクリートブロック8段(1.6メートル)が積まれており、通学路沿いにブロック部分が約40メートルにわたって倒れた。1974年の開校当初はフェンスが設けられていたものの、時期などは定かでないが、後にブロックが積み上げられたという。

     国土交通省によると、ブロック塀の規格は建築基準法施行令で、高さ2.2メートル以下▽鉄筋は直径9ミリ以上--などと規定。一定の基準で構造計算すれば2.2メートル超でも設置は認められているものの、市教委によると、計算をしたことが確認できないという。また、法令に基づく安全点検をしたとの記録が見当たらず、壁の補強もなされていなかった。

     大阪府教委は、東日本大震災後に災害発生時の児童生徒や教員らが取る対応をまとめた「学校における防災教育の手引き」を改訂し、2016年に府内の全公立小中高校に配布。各校に対し、登下校中に地震が発生した際はブロック塀から遠ざかり、ランドセルなどを頭にのせて落下物から身を守るといった指導の記載はあるが、今後、安全確保の徹底が課題となりそうだ。

     今回の地震について、中林一樹・首都大学東京名誉教授(都市防災学)は「典型的な都市直下型地震。自治体を中心に対策は進められてきたが、追いついていない部分で被害が出た」と指摘。「(ブロック塀の規制に)罰則はなく、自治体の財政問題もあって建て替えや耐震補強が進んでいなかった。今回のような倒壊は起こりうると思って対策を進めるべきだ」と促している。

     コンクリートブロックの主要メーカーでつくる「全国建築コンクリートブロック工業会」の担当者は「鉄筋の耐用年数は20~30年。設置者にはぐらつきなど定期的な点検とともに、老朽化した塀は撤去・改修をお願いしたい」と話している。【宮川佐知子、芝村侑美、大東祐紀】

    プール横の壁が倒れ、女児が挟まれた現場=大阪府高槻市で2018年6月18日午前10時58分、久保玲撮影

    (出典 cdn.mainichi.jp)
    ?1


    【【悲報】 高槻市長が謝罪 女児死亡の倒壊した塀、基準満たさず 建物の強度を確かめる構造計算をした記録がない】の続きを読む



    1 サーバル ★ :2018/06/18(月) 23:38:08.74

    https://dot.asahi.com/amp/wa/2018061400008.html
    危険すぎるスマホ依存 長文読めず、言語能力は2歳児レベルに

    更新 2018/6/16 07:00
     いまや人々の生活とは切っても切り離せないスマートフォン。「スマホ依存」という言葉も定着しているが、それは子どもだけに限らない。小さな子を持つ親世代から定年を過ぎた年配者まで、大きな影響を与えていることがわかった。

    【あなたは大丈夫?スマホ依存度チェックリストはこちら】

     自己抑制を担う脳の前頭葉が完成するのは、20歳から30歳と言われる。

    「アルコールやたばこと同じです。依存性のあるものに対し、脳の機能が未発達な子どもたちが、自分の意思でコントロールするのは難しい」

    と話すのは仙台市と東北大学の加齢医学研究所の研究所長で「脳トレ」でも有名な同大教授の川島隆太氏だ。

     札幌市在住の良子さん(仮名)が娘にスマホを持たせたのは小学6年の3学期。クラスの半数がスマホを持っていたが、Wi-Fiでネットがつながるリビングでしか使えないようにしていた。

     だが、飲食店や百貨店や娯楽施設など、大抵の場所はWi-Fiがあり、ネットに接続できる。

    「スポットを見つけてはやりたがります。なので、親が、ネットを使える時間を設定できるアプリをスマホに入れて管理しています」(良子さん)

     川島教授らは中学・高校に出向き、こう訴える。

    「勉強と食事、睡眠中はスマホのスイッチを切ること。これを約束しよう」

     その川島教授だが、別の危惧を覚えている。

    「スマホ依存から抜け出せないのは、むしろ大人のほうですよ」

     2013年、川島教授らの研究チームは、仙台市内の幼稚園で、「家庭で親子だけで遊ぼう」というプロジェクトを開いた。市内でも教育熱心といわれる地域の親たちに向かって、川島教授らがこう言った。

    「(普段から)10分、子どもと向き合ってみてください」

     だが、大半の親は真顔でこう返した。

    「忙しくてできない」

     予想もしなかった回答に衝撃を受けた川島教授らは、こう投げかけた。

    「その忙しい中で、テレビやスマホをどれだけ見てますか」

     川島教授が考案した「10分間遊び」を取り入れ、プロジェクトは終了。その1カ月後、参加者の様子が報告された。子どもの問題行動が目に見えて少なくなり、親のストレスは激減したという。

    「たった10分間、親と子が向き合う。それだけのことで、親という『緊急避難基地』を得た子どもの精神状態は安定する。それが証明されたのです」(川島教授)

     調べるときに、手に取るのは紙の辞書だろうか、それともスマホだろうか。

     後者と答えた人は、じわじわと脳をむしばまれる危険性がある。

     川島教授は脳機能の働き方について計測実験をしたことがある。

     相手の顔を見て話すなど、人を相手にコミュニケーションをしたときの脳を近赤外線分光装置で測ると、前頭前野は活発に動いた。だが、同じ人物と電話やテレビ会議で話をした場合、脳は全く動かない。囲碁についても同様で、人と対面して打つと前頭前野が活発に動くが、コンピューター相手だと動かない。

    「前頭前野はリアルなコミュニケーションによって活動することがわかりました」(川島教授)

    ※前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529318285/


    【【悲報】危険すぎるスマホ依存 長文読めず、言語能力は2歳児レベルに(2900文字の記事です)】の続きを読む
                     

    このページのトップヘ