パチ速@マメマメチェック!!

移動途中や暇な時に見ていただける情報を提供したいと思います。
見やすいブログを作れるよう努力いたしますので
ぜへマメマメに見ていただけると嬉しいです♪

               

    2018年09月



    【【大事故】バイク3台転倒 8人が病院に搬送され6人が死亡 死傷の8人は奈良市在住の14~18歳】の続きを読む


    【朗報】3万7000通未配達か、郵便法違反容疑で配達員の男逮捕


    NO.6899190
    3万7000通未配達か、郵便法違反容疑で配達員の男逮捕
    3万7000通未配達か、郵便法違反容疑で配達員の男逮捕
    郵便物を配達せず隠していたとして、宮城県登米市の郵便配達員の男が逮捕されました。

    男の所有する空き家などからは、3万7000通余りの未配達の郵便物が見つかり、警察が余罪を追及しています。

    郵便法違反の疑いで逮捕されたのは、宮城県登米市にある登米郵便局の配達員・岩渕智彦容疑者(51)です。

    警察によりますと、岩渕容疑者は、おととし4月から今年6月までに配達すべき郵便物5通を、自らが所有する空き家に隠した疑いがもたれています。

    岩渕容疑者は、容疑を認めていて、この空き家などからほかにも3万7000通余りの未配達の郵便物が見つかり、最も古い消印は10年前にさかのぼるということです。

    警察が余罪を追及しています。



    【日時】2018年08月30日 14:56
    【ソース】TBS News


    【【朗報】3万7000通未配達か、郵便法違反容疑で配達員の男逮捕】の続きを読む


    【疑問】もし日本に米軍がいなくなった場合に自衛は可能なのか??


    NO.6901865
    もし日本に米軍がいなくなった場合に自衛は可能なのか?
    もし日本に米軍がいなくなった場合に自衛は可能なのか?
    ■昔からある在日米軍不要論
    2018年の現在も、相変わらず在日米軍についての話題が絶えることはありません。

    昔は、在日米軍といえば、そこにあるのが当たり前の存在といった感もあり、あまりどうこういわれていなかった部分があります。

    もちろん、いわゆる共産主義や社会主義体制を指向する勢力からは敵対視されていましたし、一部の市民団体からも忌避されていたのは事実です。

    また、沖縄をはじめとする基地周辺住民への被害もあり、必ずしも歓迎されているわけではないという事情があったのは現在と一緒です。

    しかし、現在は在日米軍不要論が急速に活発化しているといえるでしょう。

    その大きな論拠として目立っているのが、政治思想的には相容れない左右両方の考え方で、これまた昔からあるものです。

    ・自主国防の観点から
    まず、自分の国は自分で守るのが当然とする自主国防を前提とする考え方です。

    在日米軍に頼る国防などはとんでもないことであり、独立した主権国家の在り方ではないとしています。

    自主国防を実現するためには、自衛隊を国防軍に呼び替えるかどうかということよりも、現実として戦える軍隊を保有することになります。

    ・反戦非武装の観点から
    「教え子を戦場に送るな」といったスローガンが有名ですが、戦争は悪であり、戦争のための軍備も悪である。

    当然、在日米軍も悪であり、一刻も早く追い出すべし!という考え方です。

    ここには、かつての非核三原則を有名無実化している核の持込みを追い出す根拠とする話もあります。

    非武装ですから、自衛隊の存在も認めません。

    ただ、在日米軍や自衛隊が消滅した後の日本が、本当に非武装になるのか? という疑問はあります。

    反戦非武装を唱える勢力も一枚岩ではないようですし、非武装中立なんてものは、世界が認めてこそ成立するものだからです。

    ■在日米軍がなくなったらおしまいという事実
    さて、在日米軍なくして自衛ができるのか? 上で確認したように、自主国防論を前提とした場合は、自衛隊の強化がなければ自衛できません。

    現在の自衛隊は、小規模な局地戦において敵を掃討する能力は持っています。

    しかし、大規模な戦いになると、在日米軍の援護なくしては困難となります。

    また、本格的な戦争となれば、主力である米軍と補助的な自衛隊というカタチにならざるを得ません。

    一方、反戦非武装を前提とした場合は、そもそも一切の戦力がないため、自衛などできるはずもありません。

    いや、非武装といっても、米軍がいなくなるだけで自衛隊は残っているかもしれない! というかもしれませんが、その場合は自主国防論とおなじ結果です。

    能力的に大規模な作戦は無理があります。

    ただし、この場合は必殺の「話し合い作戦」や「無条件明け渡し作戦」が発動されるようです。

    したがって、自衛する必要はないのかもしれません。

    とはいえ、話し合いで解決するなら、地球はこんなになっていませんし、明け渡しを望む国民がどれほどいるかということです。

    ところで、自衛隊の戦力は世界でも上位にランクされています。

    それだけを考えれば、在日米軍がなくてもソコソコ自衛できそうな気もしますね。

    では、なぜ現状では局地戦で手一杯なのか?

    そもそも、自衛隊は軍隊としての運用が容易な組織ではありません。

    外形的には紛れもない軍隊ですが、軍事行動を起こすためのハードルが高すぎます。

    あくまでも「正当防衛」が基本となっているため、まずはやられることが前提なのです。

    こんな軍隊は、他国にはないでしょう。

    国民の国防意識の問題もあります。

    そして、一流の装備が一定数あり、隊員の能力も優秀であるとはいえ、周辺国の大量の軍備と比較すれば、すべてが容易に消耗してしまうおそれがあります。

    圧倒的な物量を繰り出す米軍の前に、なす術がなくなってしまった太平洋戦争が思い起こされます。

    当時も、日本は世界有数の軍事力を誇っていたのです。

    なにより、在日米軍がいなくなれば、あの国がニコニコ顔になってしまうことは想像に難くありません。

    そのときに、現状レベルの防衛体制しかないのであれば、自衛は無理!おしまい!としかいいようがないでしょう。

    引き上げた米軍が救援に来るかどうかは未知数ですし、政治的にも間に合うのかが不明ですから。

    国連? 役に立ちません!
    【日時】2018年08月31日
    【提供】YAZIUP


    【【疑問】もし日本に米軍がいなくなった場合に自衛は可能なのか??】の続きを読む



    1 ティータイム ★ :2018/08/31(金) 17:41:17.39 ID:CAP_USER9.net

    時事通信 2018/08/31-16:18

    群馬県に本拠を置くコンビニエンスストア、「セーブオン」が31日朝、全店で営業を終了し、35年の歴史に幕を閉じた。個性的な品ぞろえで愛されてきたが、人件費の高騰や設備投資が負担になった。
    今後は全国チェーンの「ローソン」に衣替えして販売力を強化し、再出発する。

    運営会社のセーブオン(前橋市)は1983年群馬県渋川市に1号店をオープン。
    39円のオリジナルアイスクリームや、群馬の郷土食「焼きまんじゅう」の実演販売など、大手チェーンにはない商品やサービスでファンを獲得した。

    これまでに山形、福島、茨城、新潟、群馬、栃木、埼玉、千葉、長野、富山の10県に出店。ピーク時には605店を展開した。

    2012年以降、富山県などの店をローソンに譲渡。17年にはフランチャイズ契約を結んだローソンに順次転換することが決まった。
    8月31日午前中には残った群馬県の157店舗全てが営業を終え、看板を下ろした。
    同県高崎市に住む女性(47)は、「当たり前のようにあったセーブオンがなくなるのは寂しい」と話した。

    営業を終了し、取り外される「セーブオン前橋南インター店」の看板=31日午後、前橋市

    (出典 www.jiji.com)


    関連スレ
    【コンビニ】さよならセーブオン。群馬県民支え35年、あす全店閉店「なくなるのは寂しい」「放課後の思い出・・・」県民からは惜しむ声
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1535587004/

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018083100910&g=eco


    【【今までありがとう】コンビニ「セーブオン」、35年の歴史に幕=ローソンに転換して再出発へ、、】の続きを読む



    (出典 d1hc4zdhstp3wq.cloudfront.net)



    【【感想】金曜ロードSHOW!「メアリと魔女の花」】の続きを読む

    このページのトップヘ